Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード忘れも「QRコード」と「携帯電話」で大丈夫 - NTTアイティが新製品

NTTアイティは、QRコードと暗号化技術を応用したパスワード管理ソリューション「HaruPa」を発売開始した。

同ソリューションは、パスワードを自動生成して暗号化し、QRコードに変換して管理するもので、パスワードの生成とQRコードを印刷する「HaruPa生成ソフト」と、印刷されたQRコードを読み取ってパスワードを表示する携帯電話用「HaruPa読取ソフト」で構成されている。

QRコードとして印刷しておき、パスワード入力が必要な時に携帯電話で復号化するため、パスワードを覚えておく必要がない。QRコードは利用者ごとに異なる暗号鍵が使用され、ほかの利用者にパスワードを読み取られることはないという。

読取ソフトの対応機種は、NTTドコモのQRコード読み取り可能なカメラを内蔵しているFOMA 90Xiおよび70Xiシリーズ。価格は、企業向けの「HaruPa for オフィス」が1ライセンス2万790円。一部機能に制限がある家庭向けの「HaruPa for リビング」が1ライセンス3654円。

(Security NEXT - 2007/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生