Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有名人のアダルト画像などでユーザーを騙す手口が依然としてまん延 - ソフォスレポート

ソフォスは、同社に寄せられた11月のウイルスの報告数を取りまとめ公表した。有名人のアダルト画像などを装ったスパムメールで感染を広げるウイルスが、先月に引き続き感染数のトップだったという。

同社によれば、11月に流通したウイルスメールは1000件中1件で、10月と同様の水準だった。報告数のトップは先月と同じく「Troj/Pushdo」で、全体の3割近くを占めている。同ウイルスはユーザーの興味を引くタイトルでメールを開かせて感染させるもので、短期間で多数の亜種が発生したこともあって被害が広がっている。

最近のものでは、ブリトニースピアーズさんやアンジェリーナジョリーさんなど、有名人のアダルト画像を装う手口が確認されている。また2位に急浮上した「W32/Traxg」は、2004年10月に初めて検知された古い時限式ウイルス。3年以上前のウイルスが流行するという事象から、基本的なセキュリティ対策を怠っているユーザーが多数存在することがわかるとして、同社では注意を促している。

ウェブ経由のウイルスでは、「Mal/Iframe」が全体の7割近くを占め、先月に引き続きランキングのトップとなった。特に中国で大規模感染が発生しており、ウイルスに感染したサイトの国別ランキングでも、半数以上を占めてトップとなった。また、新規の感染ウェブページは増加傾向にあり、1日平均約7500件に達したとしている。

同社に報告されたメール、ウェブそれぞれのウイルストップ10は以下の通り。

メールウイルス

1位:Troj/Pushdo
2位:W32/Traxg
3位:W32/Netsky
4位:Mal/Dropper
5位:W32/Zafi
6位:W32/Mytob
7位:W32/Flcss
8位:W32/MyDoom
9位:W32/Strati
10位:W32/Bagle

ウェブウイルス

1位:Mal/IFrame
2位:Mal/ObfJS
3位:Troj/Unif
4位:Troj/Decdec
5位:Troj/Fujif
6位:W32/Feebs
7位:Troj/Unsc
7位:Mal/Packer
9位:Mal/Behav
10位:Mal/FunDF

(Security NEXT - 2007/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行