Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大医学部で患者情報含むPCが盗難 - 熊大付属病院の患者情報も

慶応義塾大学で12月2日に盗難事件が発生し、同大学病院や熊本大学医学部付属病院の患者情報が保存されたパソコンを何者かに持ち去られたことがわかった。

同大学の医学部研究室から、パソコン16台やハードディスクなどが盗まれたもので、そのうち1台のパソコンには同大学病院の患者152人分の氏名を含む個人情報が記録されていた。

また盗まれたパソコンには、熊本大学大学院医学教育部の学生が所有するパソコンや外付けハードディスクが含まれており、在籍していた熊本大学医学部付属病院の入院患者68人分の診療情報が記録されていたという。

それぞれの大学では、関連する患者に対し説明や謝罪を行っている。慶応義塾大学では、今回の事件を受け、防犯カメラの増設や巡回の強化、施錠の徹底など盗難防止策を強化する。

(Security NEXT - 2007/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA