Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティに従事する優秀なエンジニアを表彰 - プレゼントも用意

マイクロソフトは、セキュリティに従事する優秀なエンジニアを表彰する「Microsoft IT Security Award 2008」を、2008年1月31日まで開催している。

同イベントは、情報セキュリティに従事するエンジニアをクイズを通じて支援するもの。クイズは「管理・監督面」での知識を問う「監督賞コース」、熟練技術者向けの「主援賞コース」、セキュリティの基本問題に答える「新人賞コース」の3種類を用意。

抽選で参加者510人にプレゼントがあたるほか、各コースで満点を獲得するとアワード受賞の壁紙をプレゼントし、希望者についてはサイト上でニックネームを紹介する。また満点獲得者の中から抽選と審査により1人を選出、授賞式でトロフィーを授与する。

また参加者全員に対し、セキュリティ対策に役立つリンク集とガイドがセットになった「ITセキュリティ対策キット」が贈られる。応募にはWindows Live IDが必要。同一IDで複数のコースに応募することもできる。

(Security NEXT - 2007/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース