Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のセキュリティパッチは「緊急」3件含む7件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を発表した。深刻度が「緊急」とされるものが3件、「重要」が4件となっており、12月12日に公開する予定。

緊急とされる脆弱性は、WindowsやInternet Explorer、Media Format Runtime、DirectXに関するもので、いずれも脆弱性を攻撃された場合、外部からコードを実行されるおそれがあるという。

また「重要」とされる脆弱性はいずれもWindowsに関するもので、コードの実行や特権の昇格などに悪用されるおそれがある。さらに同社では、セキュリティ更新プログラムの配布と同時に、悪意のあるソフトウェアの削除ツールも公開する予定。

2007年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処