Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3支店で個人情報含む融資関連書類を紛失 - 近畿産業信組

近畿産業信用組合は、3支店において個人情報を含む融資関連書類を紛失したと発表した。

宇治支店において氏名や住所を含む信用組合取引約定書1通を紛失。また西淀川支店において根抵当権変更契約書5通の紛失が判明した。氏名や住所、根抵当権設定内容などの情報が記載されていた。

さらに大正橋支店では入居保証金担保に係る賃貸借契約書の写し、質権設定承諾書、保証金の領収書の写しを紛失。氏名、住所、保証金に関する情報が記載されていた。それぞれ1件の顧客情報が記載されているが、不正利用などの報告は受けていないという。

同信組では、連絡が取れた宇治支店、西淀川支店の顧客に対しては個別に訪問して、事情を説明、謝罪した。大正橋支店の顧客は、転居により連絡が取れないため、心当たりがある場合は連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大