Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモートアクセス利用時に役立つセキュリティ解説資料を配付 - IPA

情報処理推進機構は、リモートアクセスを利用する際に配慮すべきセキュリティ対策についてまとめた資料を公開している。

同資料では、外部から組織内のネットワークを利用するといったいわゆる「リモートアクセス環境」について技術動向やセキュリティ対策などをまとめた資料。制作はITコンピタンス研究所が担当し、PDFファイルとHTMLにより提供している。

リモートアクセスのしくみや配慮すべきセキュリティ対策について解説しており、盗聴やなりすまし、改ざんといった不正アクセス対策や監視やリカバリなど、組織として必要とされる対策や、端末の盗難や置き忘れ、紛失など利用者に求められるセキュリティ対策について言及。また技術の動向についてもまとめられている。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大