Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングによる不正引出の被害 - 半年で昨年件数を上回る

2007年度前期に発生したインターネットバンキングの不正引き出しの被害件数が、昨年1年間に発生した被害件数をすでに上回っていることが金融庁のまとめによりわかった。

同庁によれば、7月から9月までの2007年度第2四半期にネットバンキングにおいて発生した不正引き出し被害は69件。前四半期の68件からほぼ横ばいだが、昨年と比較すると依然高い水準で推移している。

2007年度前期の被害件数はあわせて137件となり、わずか半年で2006年度の被害件数である103件を大きく上回った。総被害額についても約1億5400万円と昨年1年間の被害額約1億900万円をすでに超えている。

一方、平均被害額は第1四半期の約129万円から約96万円へと減少傾向を見せた。2006年度の平均被害額である約106万円を下回る結果となったが、前四半期の被害が大きかったため、2007年前期の平均被害額は約112万円となっている。

不正引き出しの被害は主要銀行に集中しており、地方銀行や第二地銀、信金などにおいて被害の報告はなかった。被害の補償については、21件中15件に対して補償が行われており、6件は補償対象外。残り48件については調査検討中となっている。

同庁では、偽造キャッシュカードや盗難キャッシュカードなどについも同様に不正引き出しの調査を実施しているが、いずれも発生件数ベースでは昨年度中より減少傾向を見せており、インターネットバンキングの被害の増加と対照的な結果を示している。

(Security NEXT - 2007/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か