Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングによる不正引出の被害 - 半年で昨年件数を上回る

2007年度前期に発生したインターネットバンキングの不正引き出しの被害件数が、昨年1年間に発生した被害件数をすでに上回っていることが金融庁のまとめによりわかった。

同庁によれば、7月から9月までの2007年度第2四半期にネットバンキングにおいて発生した不正引き出し被害は69件。前四半期の68件からほぼ横ばいだが、昨年と比較すると依然高い水準で推移している。

2007年度前期の被害件数はあわせて137件となり、わずか半年で2006年度の被害件数である103件を大きく上回った。総被害額についても約1億5400万円と昨年1年間の被害額約1億900万円をすでに超えている。

一方、平均被害額は第1四半期の約129万円から約96万円へと減少傾向を見せた。2006年度の平均被害額である約106万円を下回る結果となったが、前四半期の被害が大きかったため、2007年前期の平均被害額は約112万円となっている。

不正引き出しの被害は主要銀行に集中しており、地方銀行や第二地銀、信金などにおいて被害の報告はなかった。被害の補償については、21件中15件に対して補償が行われており、6件は補償対象外。残り48件については調査検討中となっている。

同庁では、偽造キャッシュカードや盗難キャッシュカードなどについも同様に不正引き出しの調査を実施しているが、いずれも発生件数ベースでは昨年度中より減少傾向を見せており、インターネットバンキングの被害の増加と対照的な結果を示している。

(Security NEXT - 2007/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル