Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧時のウイルス感染を防止するベータ版サービスがスタート - HDE

HDEは、ウェブアクセス時におけるウイルス感染を防御する「HDEセキュアアクセスASPサービス」のベータ版を、100社限定で無償提供する。

同サービスは、アクセス時のHTTP通信をスキャンして、ウイルスやワームが見つかった場合には駆除を行う法人向けASPサービス。F-Secureのウイルススキャンエンジンを採用しており、ASPサービスのため、ハードウェアなどを用意する必要もない。

ウイルス検査機能のほか、アクセスログ取得やユーザー管理機能を提供するほか、ドメイン名を指定してアクセスを制限することもできる。同社では、ベータ版利用企業のフィードバックを参考にサービスレベルの向上を図り、2008年6月をめどに有償サービスとして提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ