Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ関西の代理店で元従業員が個人情報を不正持出

滋賀県内にあるNTTドコモ関西の販売代理店において、元従業員が個人情報を外部に流出させていたことがわかった。

パナソニック・テレコムが運営する「ドコモショップ草津駅前店」において、従業員が業務中に顧客の氏名や住所、生年月日など個人情報を不正に入手し、外部に流出させていたもの。

NTTドコモ関西では、2006年8月に顧客から情報漏洩の指摘を受け、同月に従業員が情報を検索していたことが判明。同社では、警察へ相談し、元従業員を告訴したが、東京地検は、起訴猶予処分にしたという。

流出が明らかになっているのは1人分の情報だが、339人についても個人情報が漏洩した可能性があるとしてNTTドコモでは謝罪を行う。

同社では、従来より情報管理について対策を実施してきたが、悪意ある漏洩に対して機能しなかったとし、周知や啓発など従業員指導を強化するなど対策を実施する。

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON