Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WPADのドメイン解決にMITMの脆弱性 - MSがアドバイザリ

マイクロソフトは、WindowsでWPADサーバのホスト名を解決する際、脆弱性が存在するとしてアドバイザリを公表した。

同社のアドバイザリによれば、DNSサフィックスに第3レベル以上の深い階層で始まるドメイン名を登録し、「ウェブプロキシ自動発見(WPAD)」を利用した場合、WPADサーバが検知されないと、DNSサーバが上位レベルドメインで解決を試行するため、利用者が予期せぬドメイン名で解決される可能性があるという。

そのため、悪質なユーザーがWPADサーバを立ち上げた場合、通信経路に介入する「マンインザミドル攻撃」の被害を受ける可能性がある。マイクロソフトでは、この問題について12月4日の時点でゼロデイアタックの報告は受けていないという。同社では調査を進めており、必要に応じてパッチの配布を行うことを示唆している。

DHCPサーバーの構成でプロキシサーバーを指定している場合やIEでプロキシサーバーを手動で設定している場合、組織で信頼済みWPADサーバを使用する場合は脆弱性の影響を受けない。

Webプロキシ自動発見 (WPAD) の脆弱性により情報漏えいが起こる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/945713.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市