Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WPADのドメイン解決にMITMの脆弱性 - MSがアドバイザリ

マイクロソフトは、WindowsでWPADサーバのホスト名を解決する際、脆弱性が存在するとしてアドバイザリを公表した。

同社のアドバイザリによれば、DNSサフィックスに第3レベル以上の深い階層で始まるドメイン名を登録し、「ウェブプロキシ自動発見(WPAD)」を利用した場合、WPADサーバが検知されないと、DNSサーバが上位レベルドメインで解決を試行するため、利用者が予期せぬドメイン名で解決される可能性があるという。

そのため、悪質なユーザーがWPADサーバを立ち上げた場合、通信経路に介入する「マンインザミドル攻撃」の被害を受ける可能性がある。マイクロソフトでは、この問題について12月4日の時点でゼロデイアタックの報告は受けていないという。同社では調査を進めており、必要に応じてパッチの配布を行うことを示唆している。

DHCPサーバーの構成でプロキシサーバーを指定している場合やIEでプロキシサーバーを手動で設定している場合、組織で信頼済みWPADサーバを使用する場合は脆弱性の影響を受けない。

Webプロキシ自動発見 (WPAD) の脆弱性により情報漏えいが起こる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/945713.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市