Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショッピングの不安要素「個人情報漏洩」が約9割 - ウェブルート調査

オンラインショッピングにおいて、個人情報の漏洩やクレジットカード番号の盗難など、セキュリティ面で不安を感じているユーザーが約半数に上ることが、ウェブルート・ソフトウェアの調査でわかった。不安要素としては、個人情報漏洩が約9割でトップだった。

同社が、過去1年間にオンラインショッピングを1回以上行ったユーザーを対象に実施した「オンラインショッピングとセキュリティ」に関する調査で判明したもの。有効回答数は618件。

オンラインショッピングを利用する際、気になる点については「送料が高い」「商品の実物を見て買い物がしたい」という回答に続き、「セキュリティ面に不安がある」としたユーザーが48.9%と約半数を占めた。「特にない」としたユーザーはわずか4.5%にとどまり、何らかの不満や不安を感じているユーザーが多数を占めていることがうかがえる。

具体的な不安要素としては、「個人情報の漏洩」について89.5%が不安を感じると答え、「クレジットカード番号や銀行の口座番号の盗難」が82.8%、「ネットオークションやオンラインショッピングサイトのIDの盗難」が78.3%と続いた。

一方、「スパイウェアやウイルスの感染」に不安を感じると答えたのは75.7%で、情報の漏洩や盗難より割合は低いが、実際に被害に遭った割合は16.7%ともっとも高かった。また4%がオンライン詐欺の被害に遭ったと回答している。

同社では、オンラインショッピングを安全に利用するためには、セキュリティ対策ソフトの導入や信頼できる店舗を選択すること、またクレジットカードの請求明細をこまめにチェックするなど、十分な注意が必要だと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず