Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データの利用制限や自動削除を実現するASPを開始 - セキュアヴェイル

セキュアヴェイルは、コンピュータ上のファイルに利用制限や自動消去を設定できるASPサービス「データステア」を11月末より提供開始する。

同サービスでは、コピーやペースト、編集、別名保存、印刷など禁止、パスワードの設定など、管理者がファイルの利用を制限でき、特定の日時や経過時間、利用回数に応じてデータを消去することが可能。外部に提供するデータに制限を設けることで、情報漏洩対策などに活用できる。

アイ・エックス・アイより同社に譲渡された事業をあらたにサービスメニュー化したもので、従来は顧客ごとに個別対応していたサービスをASP化。ASPサービスでは、既存のサーバやネットワークの変更は不要で、ファイル利用者は、クライアントソフトをインストールすることにより利用できる。

今後同社では、「ASP」「OEM提供」「個別インテグレーション」と3種類の提供形態でサービスを展開していく計画だ。

(Security NEXT - 2007/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ