Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

News2uの顧客情報がネット流出 - 原因はサーバの設定不備

ニューズ・ツー・ユーが提供するプレスリリース配信代行サービス「News2u リリース」の顧客情報が、インターネット上で一部閲覧できる状態となり、外部に流出していたことがわかった。サーバの不備が原因だという。

流出したデータは、「News2u リリース」の顧客企業5社が保有する個人情報リスト171人分。氏名や企業名、媒体名、部署名、役職名、電話番号、ファックス番号、メールアドレスなどが含まれていた。検索エンジンに登録され、10月31日に会員企業の指摘により事故が判明した。

同社によると、サーバにアップロードされていた個人情報を含む一部のCSVファイルが外部からアクセス可能な状態にあり、実際にアクセスされた形跡も確認しているという。同社では、2007年6月30日にサーバの移行を実施しており、その際の手順ミスやサーバの設定不備が原因だと説明している。

現在は設定を変更し、検索サイトのキャッシュについても削除を確認している。同社では、関連する企業や個人に対して謝罪した。今後はサーバの設定を変更する際の確認手順書を改定するほか、定期的にサーバのチェックを実施するなど再発防止策を取り組むとしている。

(Security NEXT - 2007/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA