Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cloudmarkのスパム対策エンジンを搭載した「Panda GateDefender Performa」が登場

PS Japanは、ウイルスやスパムなどの侵入を防止するセキュリティソリューション「Panda GateDefender Performa 3.0」をリリースした。

最新版では、Cloudmarkのスパム対策エンジンをあらたに搭載し、日本語が記載されたスパムに対する検出機能が強化された。またインスタントメッセンジャーやファイル交換ソフトなどP2Pソフトの使用についても防御できる。

また、マルウェアやスパム、コンテンツフィルタに隔離機能を追加したほか、未知のマルウェアが発見された場合、同社研究機関に送付して駆除を行う。さらにLDAPやActive Directoryへ対応。ユーザーやグループごとに異なるセキュリティポリシーが設定可能となった。

同社では、今回の発売を記念し、2008年1月31日までスパム対策キャンペーンを実施する。アンチウイルスとアンチスパムライセンスを新規で購入したユーザーを対象に初年度費用をアンチウイルスライセンスと同額で提供するほか、アンチスパムライセンスを新規で購入した場合、初年度費用が標準ライセンス価格の半額となる。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント