Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Active Directory対応の指紋認証ソフト「SecuAD」 - 日本セキュジェン

日本セキュアジェネレーションは、Active Directoryに対応した指紋認証ソフト「SecuAD」を、12月3日より発売する。

同製品は、Windowsやアプリケーションへのシングルサインオンを実現する指紋認証ソフト。IDとパスワードの代わりに同ソフト対応の指紋認証装置を利用し、Windowsログオンやパソコンのロック、解除が可能。Active Directoryとの連携により、アカウントや指紋情報を一元管理できる。

また指紋認証専用のサーバが不要で、既存の環境を変更することなく短期間で導入できる。特定アプリケーションの起動制御や、ファイルの暗号化にも対応。ポリシーに合わせ、セキュリティレベルを設定することができる。

(Security NEXT - 2007/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用