Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Active Directory対応の指紋認証ソフト「SecuAD」 - 日本セキュジェン

日本セキュアジェネレーションは、Active Directoryに対応した指紋認証ソフト「SecuAD」を、12月3日より発売する。

同製品は、Windowsやアプリケーションへのシングルサインオンを実現する指紋認証ソフト。IDとパスワードの代わりに同ソフト対応の指紋認証装置を利用し、Windowsログオンやパソコンのロック、解除が可能。Active Directoryとの連携により、アカウントや指紋情報を一元管理できる。

また指紋認証専用のサーバが不要で、既存の環境を変更することなく短期間で導入できる。特定アプリケーションの起動制御や、ファイルの暗号化にも対応。ポリシーに合わせ、セキュリティレベルを設定することができる。

(Security NEXT - 2007/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も