Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linux版スパム対策サーバを既存ユーザー対象に無償提供 - クリアスウィフト

クリアスウィフトは、「MIMEsweeper for SMTP」の既存ユーザーを対象に、アンチスパム機能に特化したソフトウェア「MIMEsweeper for SMTP Edge Server」Linux版を無償で提供する。ワールドワイドではすでに提供が開始しており、日本では12月10日より開始する予定。

同製品は、ネットワークの「DMZ」上に設置することを前提に開発されたスパム対策用サーバ。送信メール管理に利用されるためファイアウォール内に設置されることが多い「MIMEsweeper for SMTP」のスパム対策機能を活用できるよう供給されるもので、DMZ上に設置した同サーバを併用することで、より効果的なスパム対策を実現する。

アンチスパムエンジン「SPAMLogic」を搭載しているほか、接続中のすべてのSMTPホストを自動的に評価する「TRUSTmanage」や、疑わしいメールをいったん受信拒否する「GreyListing」などを備えている。またTLS暗号化機能を搭載しているため、重要データを安全に送受信できるほか、メッセージトラッキング機能やレポーティング機能も搭載している。

(Security NEXT - 2007/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も