Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化やアクセス制限に特化したセキュリティソリューション - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、暗号化やアクセス制限を実現する「DocumentSecurity BASIC/暗号Edition」を12月3日より発売する。

同製品は、同社セキュリティ対策ソリューション「DocumentSecurity v3.5」の暗号化機能やアクセス制御機能に特化したセキュリティ対策製品。クライアントとサーバで構成されており、ファイル単位で暗号化を実現。ビジネスアプリケーションとの連携が可能で、ファイル保存時や、終了時に自動で暗号化できる。

また、スクリーンキャプチャやコピー&ペーストといった操作を制限できるほか、「閲覧」や「編集」「暗号化解除」「印刷」「文書権限変更」「有効期限設定」「自動廃棄」など、ファイルにアクセス権を設定したり、利用履歴を記録することが可能。製品を導入していない外部へ提供する際も、閲覧回数や印刷回数、有効期限などをファイルに設定しすることができる。

(Security NEXT - 2007/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に