Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月末に大暴れしたウイルスがランキング入り - Kaspersky調査

Kaspersky Labsは、ウイルスやオンラインスキャナの検出状況をまとめ、公表した。月末にウイルス2種の急激な拡大を確認したという。

Kaspersky Labsが、10月におけるウイルスやオンラインスキャナの検知状況を集計し、ランキングとしてまとめたもの。ウイルスの1位は、古参ウイルスである「NetSky.q」で、Mydoom、Bagleなどなじみのウイルスもランキングの一画を占めた。

一方で、ここ数カ月例をみない異例な規模でメール配信が行われ、「Trojan-Spy.HTML.Fraud.ay」が拡散し、2位にランクイン。スパムを配信してフィッシングサイトへ誘導するものだが、URLにエラーがあったため、Outlookなどでは開けず、さらにフィッシングサイトのブラックリストにすでに登録されていたこともあり、実際の被害はほとんどなかったという。

また、6位の「Exploit.Win32.PDF-URI.k」は、Adobe製品の脆弱性を悪用した攻撃を行うもので、急浮上した。PDF文書を開くとコードが実行され、不正サイトからトロイの木馬をダウンロードさせる。

一方、オンラインスキャナでは、先月から大きな変動はみられなかった。しかしランキングの1位には新規の「Packed.Win32.NSAnti.r」が入った。昨年10月に最初の亜種が発見されてから今まで、8000種の亜種が検知されている。

また、フラッシュメモリカードを介して感染を広げるメールワーム「Rays」と「Brontok」や、アドウェア「BHO.cc」などがランクを上げている。今後も被害が続く可能性が高いとして、同社では注意を促している。

同社が公表したウイルスやオンラインスキャナの上位10位はそれぞれ以下のとおり。

ウイルス

1位:NetSky.q
2位:Fraud.ay
3位:NetSky.aa
4位: Feebs.gen
5位:Mydoom.l
6位:PDF-URI.k
7位:NetSky.t
8位:Bagle.gt
9位:Nyxem.e
10位:Mytob.c

オンラインスキャナ

1位:NSAnti.r
2位:Dialer.qn
3位:Brontok.q
4位:BHO.cc
5位:Rays
6位:Zapchast
7位:Small.ddp
8位:Small.a
9位:Perflogger.ca
10位:Sohanad.t

(Security NEXT - 2007/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた