Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICカードによる印刷時の個人認証で情報漏洩を抑止 - リコー

リコーは、デジタル複合機やレーザープリンタの利用時にICカードによる個人認証を行うことで、印刷物からの情報漏洩を抑止する「リコー 個人認証システム AEシリーズ」を、11月14日より発売する。

同製品は、デジタル複合機やレーザープリンタの利用時に、ICカードで個人認証を行い、機器の利用制限やオンデマンド印刷を実現するもの。ICカードを持たない部外者は利用できず、またデータが外部の目に触れることなく印刷が行えるため、情報漏洩の抑止に利用できる。ICカードは、「FeliCa」「MIFARE」「eLWISE」に対応した。

また、ユーザーの環境やニーズに応じた柔軟なシステム構成が可能。デジタル複合機1台のみの場合にはサーバレスのシンプルな構成で、複数台を利用する環境には、オプションの「リコー 個人認証AE 管理ソフト V1」と組み合わせることで、ユーザーの一元管理が可能になる。

「imagio MP C4500/C3500」および「imagio MP C3000/C2500」に対応の「タイプAE1-MP01」は10万5000円。「IPSiO SP C811」に対応の「タイプAE1-SP01」は5万2500円となっている。

(Security NEXT - 2007/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA