Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップル、脆弱性を解消した「QuickTime 7.3」を公開 - iTunesユーザーも注意

アップルは、脆弱性を解消したマルチメディアソフト「QuickTime 7.3」を公開した。 今回のアップデートでは、7件の脆弱性が解消されている。

今回明らかになった脆弱性7件の内訳は、アトム処理に関するものが4件、PICTイメージの処理に関するものが2件、Javaアプレットに関するものが1件。いずれもWindows版、Mac版に影響がある。

イメージ記述アトムにおける脆弱性では、ムービー再生時にメモリを破損する問題がある。一方カラーテーブルアトムや「QuickTime Player」のSTSDアトム、QTVRムービーファイルのパノラマサンプルアトムの処理にバッファオーバーフローの脆弱性が存在する。いずれも細工が施された動画ファイルを再生した場合、アプリケーションが終了したり、任意のコードが実行される可能性がある。

さらに「QuickTime for Java」では、信頼性のないJavaアプレットが上位のアクセス権を取得する可能性があり、情報漏洩や上位権限で不正なコードが実行されるおそれがある。またPICTイメージの処理については、バッファオーバーフローが発生する2件の脆弱性が見つかっており、アプリケーションがクラッシュしたり、任意のコードが実行されることがある。

今回のアップデートでは、データの検証機能を強化することなどにより、脆弱性を解決しており、アップデートは、「ソフトウェア・アップデート」か同社ウェブサイトからダウンロードできる。

「QuickTime」は、10月にもURLの処理に関する脆弱性を解消し、「同7.2」を公開したばかり。同ソフトは、人気音楽ソフト「iTunes」利用時にもインストールされるため、同ソフトの利用者も注意が必要となる。

QuickTime 7.3 のセキュリティコンテンツについて
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=306896-ja

アップル
http://www.apple.com/jp/

関連記事:アップル、脆弱性を解消する「QuickTime」のアップデートを公開 - iTunesユーザーも対応を
http://www.security-next.com/006904.html

(Security NEXT - 2007/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず