Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カードがPCI DSS認定証を取得 - 国内カード会社ではじめて

三井住友カードは、国内クレジットカード会社としてはじめて、PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)の認定を受けたと発表した。

同認定は、クレジットカード会社大手5社が設立した業界団体「PCI Security Standards Council」が定めた国際基準。インターネット環境でクレジットカードに関する情報が適切に保護されているか認定ベンダーが監査し、要件をすべて満たした場合に発行される。今回は認定ベンダーであるNTTデータ・セキュリティが発行した。

三井住友カードでは、クレジットカード情報の保護体制強化を「もっとも重要な経営課題」としており、今回の認定についても、外部機関の監査を受けることで、セキュリティレベルを向上させていくねらいがあったという。

認定ベンダーであるNTTデータ・セキュリティは、今後もクレジットカード事業者や決済代行事業者、ネットショップに対して同認定の取得を推進していくとしている。

(Security NEXT - 2007/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に