Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTレゾナントのeラーニングサイトが改ざん被害 - 個人情報漏洩は否定

NTTレゾナントのeラーニングサイト「イーキューブラーニング」において、不正アクセスによりトップページが改ざんされる被害が発生した。ウイルス配信サイトへ誘導されるコードが埋め込まれたもので、同社ではサービス停止して、詳細を調べている。

外部より不正アクセスを受けたのは、同社が運営するeラーニングサービス「イーキューブラーニング」。利用者から閲覧時にウイルスを検知したとの連絡を受け、同社が調べたところ、ウェブサイトのトップページが改ざんされ、不正なコードが埋め込まれていたことが判明。10月20日ごろに改ざんされたと見られ、同社では10月24日にサービスを停止し、現在もサービスを中断している。

期間中に同サイトのトップページへアクセスした場合、外部サイトへ誘導され、ウイルスに感染した可能性がある。問題のウイルスはWindowsの脆弱性を攻撃するもので、同社ではWindowsを最新の状態に更新している場合、感染する可能性は低いとしているが、期間中にアクセスした場合は、最新のウイルス対策ソフトで、ハードディスクをスキャンしてほしいいと呼びかけている。

また同社では、今回の攻撃について経路や原因など詳細を調査しているが、個人情報漏洩などの被害は確認されていないとしている。今後は、安全性が確保できた段階でサービスを再開する予定だという。

(Security NEXT - 2007/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず