Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「被害認定は過小評価」、仮想通貨不正売却事件の民事訴訟でガンホーが控訴

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、同社オンラインゲーム「ラグナロクオンライン」に不正アクセスし、仮想通貨を得て売却していた元従業員に対して損害賠償を求めた民事訴訟で、一部賠償を認めた第一審判決を不服とし、控訴する方針を明らかにした。

問題となった事件は、元従業員が上司のIDを不正に利用し、ゲーム内の仮想通貨を得て売却、金銭を得ていたもの。同社では、信用毀損や機会損失など約7486万円の被害を被ったとして賠償を求めていた。東京地裁の第一審判決では、信用毀損の被害を認定、元従業員に330万の支払いを命じている。

同社では、判決について、不法行為や信用毀損について認定されたことについては評価したが、発生した影響が過小に評価され遺憾とし、判決を受け入れられないとして、上級審に判断を仰ぐため控訴する方針を取締役会で決定した。

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース