Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸善の個人情報紛失事故でイーバンク銀行が顧客対応

丸善において、同社が運営するショッピングサイトの取引情報が所在不明となっている問題で、決済に利用された銀行にも影響が出ている。

イーバンク銀行では、同行マネーカードを利用した顧客情報4件が紛失情報に含まれていることがわかったという。紛失事故については、丸善の委託業務先で発生したものであり、同行と直接的な契約関係上発生したものではないとした上で、同行では対象顧客に連絡を取るなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念