Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸善の個人情報紛失事故でイーバンク銀行が顧客対応

丸善において、同社が運営するショッピングサイトの取引情報が所在不明となっている問題で、決済に利用された銀行にも影響が出ている。

イーバンク銀行では、同行マネーカードを利用した顧客情報4件が紛失情報に含まれていることがわかったという。紛失事故については、丸善の委託業務先で発生したものであり、同行と直接的な契約関係上発生したものではないとした上で、同行では対象顧客に連絡を取るなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など