Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸善の個人情報紛失事故でイーバンク銀行が顧客対応

丸善において、同社が運営するショッピングサイトの取引情報が所在不明となっている問題で、決済に利用された銀行にも影響が出ている。

イーバンク銀行では、同行マネーカードを利用した顧客情報4件が紛失情報に含まれていることがわかったという。紛失事故については、丸善の委託業務先で発生したものであり、同行と直接的な契約関係上発生したものではないとした上で、同行では対象顧客に連絡を取るなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校
ウェブサイト開設案内メールで誤送信、学生のメアド流出 - 大阪市立大
「Drupal」がアップデートをリリース - XSS対策が不完全な脆弱性など修正
「マイナビ」を偽装、「Bitcoin関連のアンケート」に見せかけた悪質メールに注意
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区