Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内の顧客情報含むPCが米子会社で車上荒らしに - 医学生物学研究所

医学生物学研究所は、米国マサチューセッツ州の子会社に勤務する従業員が車上荒らしに遭い、日本国内の顧客情報や代理店情報など1850件の個人情報含むパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭った業務用パソコンには、「自己免疫関連DMリスト」や「試薬推進DM顧客リスト」、「情報科学関連DMリスト」のほか、「基礎学会記帳者名簿」や代理店情報などが保存されていた。顧客の氏名や電話番号、メールアドレス、代理店の所在地や電話番号、担当者名などが含まれる。保存されていた個人情報の件数は調査中だが、1850人分にのぼる可能性があるという。

米国現地時間10月22日夜、社用車をマサチューセッツ州ウォーバーン市内の駐車場に駐車していたところ、窓が破壊され座席に置いてあったパソコンが盗まれた。同社では、パソコンにパスワードを設定しており、外部から社内LANへのアクセスを切断していることから、個人情報が流出する可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2007/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた