Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

選択データを消去できる企業向け漏洩対策ソフト - AOSテクノロジーズ

AOSテクノロジーズは、パソコンや外部メディア内に保存された機密情報や個人情報などを選んで消去する情報漏洩対策ソフト「企業情報データ抹消 8.0」を、11月16日より発売する。

同製品は、パソコンや外部メディア内のデータを選んで、復元できないよう消去する企業向け情報漏洩対策ソフト。ファイルやメールのほか、ディスクの消去にも対応。また、サイトの閲覧履歴やプログラムの利用履歴、ファイルの操作履歴や、ハードディスクの空き領域および一時ファイル内に残ったデータの痕跡にも対応している。

設定したスケジュールに従って自動的に実施することも可能。実行後にデータの痕跡が残っていないことを確認する確認ツールも備えた。価格は1万3440円で、3ライセンスを利用できる。

(Security NEXT - 2007/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ