Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元医師の個人PCから患者情報がネット上に流出 - 沖縄の県立病院

沖縄県立宮古病院は、以前同病院に勤務していた医師の私有パソコンがウイルスに感染し、患者情報11件がインターネット上に流出していたことを明らかにした。

流出したのは、11件の患者情報。2002年当時、同病院に勤務していた医師が自宅で使用していたパソコンに保存されていたもので、ウイルスに感染したことでインターネット上に流出したとみられている。10月17日に流出を指摘する匿名の電話があり判明した。

同病院では、職員を同医師宅へ派遣してパソコン内のデータ消去を確認するなど、再発防止対策を実施。また関連する患者とその家族に対し、直接訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か