Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察官の住所録など個人情報がWinny流出 - 大阪府警

大阪府警から、警察情報がファイル交換ソフト「Winny」を介してインターネット上に流出したことがわかった。同府警では処分を検討しているという。

同府警高槻署に勤務する警部補の私用パソコンにインストールされていたファイル交換ソフトを通じて流出したもので、インターネット上の掲示板に書き込みがあり、外部の通報により判明。住所録や連絡網など警察官の氏名や住所のほか、一部通報者といった警察情報など含まれており、流出した個人情報は約200人にのぼると見られている。

全国の警察でWinnyを経由した情報流出事故が発生しており、今年7月には、警視庁の巡査長が捜査資料など漏洩し、懲戒免職処分となっている。同府警では、データの持ち出しやWinny利用を禁止など対策を行っていたが、同警部補は使用していないと虚偽の報告をして守られていなかった。同府警では、同警部補の処分を検討している。

(Security NEXT - 2007/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた