Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜国大が不正アクセス受け、フィッシングの踏み台に

横浜国立大学は、同大学ウェブサイトが10月22日に不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが設置されたと発表した。

同大学のサーバ上に、個人情報などを収集するフィッシング詐欺サイトが設置されたもので、21日深夜に海外のインターネット決済サービス会社から閉鎖を促す連絡があったという。

同大学では翌朝にサーバを停止し、ウェブサイトへのアクセスを遮断。被害状況の詳細は判明しておらず、現在アクセスログなどをもとに詳細を進めている。

横浜国立大学
http://www.ynu.ac.jp/

(Security NEXT - 2007/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催