Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なメモリ操作を実現したCコンパイラを開発 - 産総研

産業技術総合研究所は、メモリ操作における安全性を保証したC言語コンパイラを開発し、研究者向けに公開した。

今回公開されたC言語向けコンパイラ「Fail-Safe C」は、同研究所情報セキュリティ研究センター、ソフトウェアセキュリティ研究チーム研究員の大岩寛氏が開発したもの。

同コンパイラでは、ANSI C言語へ準拠し、既存プログラムとの高い互換性を保ちながらも、メモリ操作において完全な安全性を保証し、実行状態の破壊や乗っ取りなど、メモリの危険な操作を排除するという。

同センターでは、2007年度末を目処に一般的なプログラムに適応可能なシステム一式を完成させる計画だ。

産業技術総合研究所
http://www.aist.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委