Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト「Share」流出事故の対策ソフトを発売 - FFR

フォティーンフォティ技術研究所は、ファイル共有ソフト「Share」の発信者IPを特定できる「Share Radar」を発売した。

同製品は、ファイル交換ソフト「Share」において特定のファイルの所有者IPを特定できるLinux向けのソフトウェア。クロスワープの調査協力を受けて開発したもので、ファイル交換ソフトにより情報が流出した場合や著作権侵害が発生した場合など、拡散したデータの所有者を特定する際に利用できる。

具体的には、Shareで利用されるプロトコルの暗号を復号化し、ネットワーク上のノードを巡回。ファイル名やIPアドレス、ハッシュなど、ファイルの所有情報を含んだキー情報を収集。特定のファイルを所有するIPアドレスを特定できる。

自社内で事故が発生した際に利用できるエンドユーザー向け製品「Share Radar End User Edition」と、セキュリティベンダー向け製品「Share Radar Service Provider Edition」の2製品を用意した。

フォティーンフォティ技術研究所
http://www.fourteenforty.jp/

関連記事:ファイル保有者のIPを特定できるWinny流出対策ソフトを発売 - FFR
http://www.security-next.com/006687.html

(Security NEXT - 2007/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集