Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録者情報など3万件の個人情報がWinny漏洩か - 都内コンサルティング会社

業務請負業など展開する都内のコンサルティング会社のNCAコンサルティングから個人情報が流出したことがわかった。漏洩した個人情報は3万人分にのぼるという。

同社では、登録した主婦など在宅ワーカーを中心にマーケティングリサーチやアウトソーシング事業などを展開しているが、従業員が持ち帰ったパソコンから、ファイル交換ソフトWinnyを通じて登録者2000人分のほか顧客情報など3万件の個人情報が流出。一部ではさらに詳細な個人情報が含まれていたと見られている。

事故判明後、同社ではウェブサイトで事故を公表し、一部報道機関が事故を伝えたものの、その後同社や同社関連団体のウェブサイトは、いずれもアクセスができない状況となっている。

同社では、事故に関する取材に対して「責任者が事故対応に追われて出払っており、回答できない」とし、ウェブサイトの復旧についても未定だという。

(Security NEXT - 2007/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円