Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボット対策プロジェクトにISP 57社が参加 - より広域かつ効果的に

政府が中心となり、民間と協力しながらボット対策を進めている「ボット対策プロジェクト」にISP 57社が参加する運びとなった。

同プロジェクトでは、総務省と経済産業省が中心となり、ポータルサイト「サイバークリーンセンター」を設置。ISPやセキュリティベンダーなどと協力しながら、ボットに関する調査や啓発活動などを展開している。

ボットは、外部の第三者が感染したパソコンを操作して攻撃するためのプログラム。スパムの配信やサービス不能といった攻撃、不正アクセスの踏み台など利用されるほか、情報漏洩の危険なども指摘されている。

感染後も隠密行動のため、ユーザーが感染していることに気が付かず、サイバー攻撃の温床となることが多い。そのため、感染した利用者をISPが把握した際、注意喚起を行うなど、同プロジェクトでは被害対策を推進している。

同プロジェクトには、従来よりISP 8社が参加していたが、より横断的な対応を実現するため、総務省と日本データ通信協会がプロジェクトへ参加や協力するISPの拡大を目指し、6月から全国5都市で説明会を実施。今回57社があらたに参加が決定し、より広域で効果的な活動を目指すという。

サイバークリーンセンター
https://www.ccc.go.jp/

総務省
http://www.soumu.go.jp/

経済産業省
http://www.meti.go.jp/

関連記事:参加ISP拡大目指し「ボット対策プロジェクト」が全国説明会
http://www.security-next.com/006240.html

関連記事:総務省と経産省、ボット対策ポータル「サイバークリーンセンター」を開設
http://www.security-next.com/005113.html

関連記事:プロバイダによる「ボット感染の注意喚起」を無視しないで - IPA
http://www.security-next.com/006876.html

関連記事:政府配布のボット対策ツールに脆弱性見つかる
http://www.security-next.com/005452.html

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大