Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話のSMSによる架空請求が急増 - 東京都が注意喚起

東京都は、携帯電話のSMSを利用した架空請求に関する相談が増えているとして、メールに記載された電話番号に連絡などしないよう、注意を呼びかけている。

都によると、消費生活センターなどに、情報サイトの利用料金などを名目に不正に料金を請求するショートメールが届くといった相談が多く寄せられているという。払わなければ回収業者が自宅に押しかけるなどと脅迫したり、一度振り込むとさらに金額を上乗せして請求するケースなど悪質で、実際に金銭を振り込んでしまった事例も報告されている。

相談件数は、4月は98件だったが、その後増加し8月には320件、9月は10日の時点で104件寄せられている。メールに記載された電話番号へ連絡すると、金銭の支払いを要求されたり、個人情報を聞き出されて執拗な請求を受けることもあり、注意が必要だ。

都では、不審なメールが届いた場合は折り返し連絡をせずに、各電話会社の迷惑メール申告窓口に情報提供するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大