Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

泥酔した従業員が路上で2582社分の保守データを盗まれる - 富士ゼロックス

富士ゼロックスは、都内で泥酔した従業員が個人情報を含む顧客情報を盗まれたと発表した。

同社によると、9月26日未明に泥酔した同社従業員が、顧客2582社の機器5414台分に関する保守情報などを保存していたUSBメモリやハードディスクを路上で鞄ごと盗まれたという。顧客名や住所のほか、担当者2403人分の氏名や連絡先が保存されており、同社では顧客や担当者に事態を報告している。

同社では、社内教育の徹底やアクセス制御、監査の強化などを通じて再発防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2007/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸