Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立病院、患者情報を記録したデジカメを紛失か - 認識甘く対応に遅れ

都立大塚病院において、回診時に使用したデジタルカメラの所在がわからなくなっている。カメラには、患者の氏名や患部画像などが保存されている可能性があるという。

紛失したカメラは、症状などを電子カルテに記録するため、病棟の回診時に使用しているもの。床ずれなどの症状があった患者8人の患部画像が撮影され、そのうち6人については、氏名や撮影月日などの情報も含まれる。カルテ記録後にデータを消去したかわかっておらず、外部へ流出した可能性があるという。

7月13日に前日の回診時に撮影したデータを電子カルテに記録後、通常とは異なる場所へ保管。同月26日に、同カメラを使用しようとした別の看護師がなくなっていることに気付いたという。事故を受け、院内で探索なども行われたが、個人情報流出を踏まえた対応を行っていなかった。

その後、10月3日にデジタルカメラの変更申請が行われ、紛失の経緯が判明。ようやく個人情報流出の問題について認識し、警察へ被害を届け、患者に対して謝罪するなど対応を行ったという。

都では今回の事故を受け、各都立病院に対し個人情報の管理状況に関する調査を実施するほか、院内に個人情報管理チームを設置して定期点検を行ったり、研修を実施するなど体制を強化を目指すという。

(Security NEXT - 2007/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研