Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、IE7を誤って自動更新で配布

マイクロソフトは、自動更新機能により誤ってInternet Explorer 7を配布したと発表した。同社は謝罪し、必要がない場合は削除してほしいとアナウンスしている。

同社では、IE7の自動更新による提供時期について2008年以降に予定していたが、誤って10月5日午前2時ごろより配布したもの。発表と異なる時期に配布を行ったとして同社は謝罪し、アンインストールの方法をウェブ上で案内している。

WSUSを利用しており、インストールの承認を自動で行っている場合、インストールされる前の状態であれば、WSUSを再度同期することで新規の配信を停止できる。また企業向けにIE7のインストールを防止する「InternetExplorer 7 Blocker Toolkit」をウェブ上で配布している。

配布については、同日午後3時ごろに停止しており、同社では改めて2008年以降に提供する計画であると強調した。

自動更新機能によるInternet Explorer 7の予定外配信に関して
http://www.microsoft.com/japan/windows/downloads/ie/au.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか