Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金沢市のビジネス施設に不正アクセス - 利用者の個人情報が流出か

金沢市の公共施設「ITビジネスプラザ武蔵」が外部から不正アクセスを受け、サーバ内部の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。原因は設定ミスで、現在は修正されているという。

同市によれば、9月18日に同施設のインターネット接続回線を変更したが、その際にネットワーク機器の設定を誤り、外部からサーバへアクセス可能な状態になったという。アクセスにはパスワードが必要だが、ログ上に解読された形跡が残っていた。

流出の可能性があるのは、同施設の予約システムを利用登録していた574人分の氏名、住所、所属部署、電話番号、メールアドレス。被害を受けたのは同施設のサーバ1台のみで、同市が管理するほかのサーバについては、同様の被害はないという。

同市では不正アクセス発覚後、ウェブサイトを閉鎖して修正作業を実施。すでに修正は完了しており、ウェブサイトの公開を再開している。

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON