Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトが「アフィリエイト」で押し売り戦略を加速

ウイルス感染もしていないのにあたかも感染したかのように見せかけ、偽セキュリティ対策ソフトを押し売りするケースが増えているが、さらに悪質なアフィリエイターが販売戦略に加担し、感染被害が拡大している。

セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアの調査によりわかったもので、同社が9月に検知したアドウェア部門において偽セキュリティ対策ソフト「System Doctor 2006」がトップを獲得した。感染拡大の背景には、同ソフトをインストールさせることで報酬を得るアフィリエイトの横行があるという。

アフィリエイトの内容も過激で、単に広告宣伝を行うだけに留まらず、ブラウザの脆弱性を利用してトロイの木馬に感染させ、そのトロイの木馬経由で強制的にインストールさせようとするなど悪質な攻撃も確認されているという。

またトップ10には入らなかったが、今月同社では同様に偽のセキュリティソフトをインストールするアドウェア「AVSystemCare Common Components」を検知した。インストールされるソフトが「PCSecuresystems」「AntiWorm2008」などと変化するのが特徴で、日本をターゲットにしたと見られる「VirusSeigyo」「Anchiwamu2008」では、日本語に対応しているという。

同社が発表した「アドウェア」「トロイの木馬」それぞれの検知数ランキングは以下の通り。

アドウェア

1位:System Doctor 2006
2位:Sogou
3位:Virtumonde
4位:Adware.Gen
5位:WinAd
6位:Cydoor Peer-to-Peer Dependency
7位:Daosearch
8位:GoodSearchNow
9位:Lopdotcom
10位:Quickbutton Hijack

トロイの木馬

1位:Trojan Rbot
2位:Trojan-Downloader-Zlob
3位:Trojan-Pushu
4位:Trojan-Backdoor-Poebot
5位:Trojan-SaturnYes
6位:TopConverting Downloader
7位:Trojan-Darksma
8位:Trojan- Downloader-Tukpat
9位:Trojan Hachilem
10位:Trojan-Phisher-QQPass

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県