Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトが「アフィリエイト」で押し売り戦略を加速

ウイルス感染もしていないのにあたかも感染したかのように見せかけ、偽セキュリティ対策ソフトを押し売りするケースが増えているが、さらに悪質なアフィリエイターが販売戦略に加担し、感染被害が拡大している。

セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアの調査によりわかったもので、同社が9月に検知したアドウェア部門において偽セキュリティ対策ソフト「System Doctor 2006」がトップを獲得した。感染拡大の背景には、同ソフトをインストールさせることで報酬を得るアフィリエイトの横行があるという。

アフィリエイトの内容も過激で、単に広告宣伝を行うだけに留まらず、ブラウザの脆弱性を利用してトロイの木馬に感染させ、そのトロイの木馬経由で強制的にインストールさせようとするなど悪質な攻撃も確認されているという。

またトップ10には入らなかったが、今月同社では同様に偽のセキュリティソフトをインストールするアドウェア「AVSystemCare Common Components」を検知した。インストールされるソフトが「PCSecuresystems」「AntiWorm2008」などと変化するのが特徴で、日本をターゲットにしたと見られる「VirusSeigyo」「Anchiwamu2008」では、日本語に対応しているという。

同社が発表した「アドウェア」「トロイの木馬」それぞれの検知数ランキングは以下の通り。

アドウェア

1位:System Doctor 2006
2位:Sogou
3位:Virtumonde
4位:Adware.Gen
5位:WinAd
6位:Cydoor Peer-to-Peer Dependency
7位:Daosearch
8位:GoodSearchNow
9位:Lopdotcom
10位:Quickbutton Hijack

トロイの木馬

1位:Trojan Rbot
2位:Trojan-Downloader-Zlob
3位:Trojan-Pushu
4位:Trojan-Backdoor-Poebot
5位:Trojan-SaturnYes
6位:TopConverting Downloader
7位:Trojan-Darksma
8位:Trojan- Downloader-Tukpat
9位:Trojan Hachilem
10位:Trojan-Phisher-QQPass

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい