Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロバイダによる「ボット感染の注意喚起」を無視しないで - IPA

ある日突然プロバイダからボットの感染を指摘されるケースが増えている。無視するのではなく、適切に対処するよう情報処理推進機構は、注意を呼びかけている。

「ボット」は、感染すると攻撃者の指令により特定のサーバなどを攻撃してサービス不能に追い込んだり、スパム送信の踏み台や個人情報詐取などに利用され、近年問題が指摘されている。同機構によると、最近のボット感染傾向がメールの添付ファイルや脆弱性の攻撃によるものから、ウェブページの閲覧による感染へ移行しつつあるという。

何気なく閲覧したウェブサイトによる感染や利用者に気づかれないよう動作するボットの特徴から、感染しても被害に気が付かないケースも多い。国や民間企業が協力してサイバークリーンセンターを立ち上げ、ボット対策を強化しており、プロバイダがボット感染の注意喚起などを行っているが、そのことではじめて被害に気が付き、同機構へ相談を寄せるユーザーも増えている。

従来と同様、最新のOSやセキュリティ対策ソフトの利用、メールの添付ファイルを開かないといった対応のほか、不審なウェブサイトへのアクセスを避けたり、ブラウザのセキュリティ設定を高くするなど、同機構では普段から対策するよう勧めており、ボット感染についてプロバイダから警告を受けた場合も無視せず、サイバークリーンセンターの駆除ツールで対応するよう呼びかけている。

また、ウェブサイトの脆弱性が攻撃されて内容が改ざんされ、ボット配布に利用されることもあり、攻撃ツールなどの広く出回っているとしてウェブ運営者に対しても注意を促している。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県