Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSサイトで毎日情報収集していた海賊版販売の男性が逮捕

北海道警と岩見沢署は9月26日、ウェブサイト上で海賊版ソフトウェアを販売していたとして、大阪市内に住む男性を著作権法違反の容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男性は複数のウェブサイト上で、200種類以上の海賊版を販売。サイトの公開や閉鎖を繰り返し行っており、数年前から販売を繰り返していたと見られている。

岩見沢署が海賊版の販売に気が付き、同協会を通じて連絡を受けたソフトウェアベンダーが告訴。同協会に対しては、一般からも2006年11月ごろから情報が寄せられていた。また、男性は、著作権法関連の事件やニュースなど、同協会のウェブサイト上を毎日閲覧し、関連事件や著作権法などについて情報収集していたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意