Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本から済生会横浜市東部病院の患者情報約1万件が流出

NTT東日本の従業員が所有するパソコンから、済生会横浜市東部病院の患者情報をはじめとする業務情報がファイル交換ソフトを通じてインターネット上へ流出していたことがわかった。

今回の事故は、NTT東日本が9月18日に流出を確認したもので、その後の調査で同院の患者情報であることが判明。同院では、同社を通じて電子カルテなど医療情報システムを導入しており、同社開発担当者が無断で持ち出したデータが、私用パソコン上からウイルス感染などを理由に、インストールされていたファイル交換ソフトを経由して流出したという。

流出したデータは、患者の個人情報のほか、医療情報システムの運用マニュアル、同設計情報、マスタ関連資料など。個人情報は、2007年4月から2007年7月までに同院を利用した患者9951人分。いずれも会計情報で、病名など診療情報は含まれていないという。そのほか、同院職員の情報1146人分やNTT東日本やグループ会社の従業員情報620人分も漏洩している。

NTT東日本によると、流出した情報が不正に利用されたといった報告はないという。同社では、流出データに、業務フローや試験項目など他取引先の情報も含まれていたとして、ほかの関係者に対しても個別に連絡をとり謝罪するという。

同社では、退職者のパソコンから顧客情報や従業員情報など約4万件の個人情報漏洩事故が発覚し、先週20日に発表したばかりだった。

済生会
http://www.saiseikai.or.jp/

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

関連記事:個人情報含む業務情報4万1289件がWinny流出 - NTT東
http://www.security-next.com/006813.html

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県