Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレス約4000件が約6カ月間ネット上で閲覧可能に - インテリジェンス

人材派遣サービスなどを展開するインテリジェンスは、同社アルバイト情報検索サイト「OPPO」において実施したアンケートで回収したメールアドレスが、約6カ月間ネット上で閲覧可能だったと発表した。

閲覧可能だったデータは、2007年3月5日から同年4月15日の間、同サイト上で実施されたアンケートに回答した4129人分のメールアドレス。3月5日から9月19日の間、インターネット上から閲覧できる状態にあったという。

原因はファイル設定の不備で、同社では判明後ただちに設定を変更した。また関連する顧客に対し、個別に説明と謝罪をするという。

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査