Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール情報を組織内で共有する対策ツールを無償配布 - ソフトピア

ソフトピアジャパンは、迷惑メールの情報を組織内で共有する迷惑メールフィルタ「POPFile」を開発、無償配布を開始した。

同ツールは、クライアントとサーバにより構成され、迷惑メールに使われた文字データなどを組織内で共有することで、メールを仕分けする手間を軽減させるフィルタ。

Outlookプラグインとして動作するクライアントソフトにより、パソコンに送られた迷惑メールに関する情報をメールサーバに送信し、共有する。一方で、送信済み正常メールの文字データを端末ごとに学習して蓄積するため、識別精度がより向上する。メールデータの自動取得は、ユーザーごとに設定が可能。自動取得を中断し、手動で学習させることもできる。

ライセンスは、GPLで無償で利用できる。配布にあたっては、専用の申込書をサイトからダウンロードし、必要事項を記入して郵送かファックスで申し込む。

(Security NEXT - 2007/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性