Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報のWinny流出は3355件と判明 - アロシステムら

アロシステムと子会社のエムヴィケーは、9月14日に発表した顧客情報の流出事故について、流出経路や流出した情報の詳細など調査状況を公表した。

今回の流出事故は、以前両社がコールセンター業務を委託していたヴィソースジャパンの元従業員が所有するパソコンがウイルスに感染し、パソコン内部に保存されていたデータがWinnyを通じてインターネット上に流出したもの。同社との委託契約は、すでに2007年1月の時点で解除しているという。

今回の事故では、ヴィソースジャパンにおけるほかの顧客情報も流出したと見られており、両社関連の個人情報を特定して調査が進められた。その結果、2003年6月から2005年4月までに両社を利用した顧客、取引先従業員、および両社従業員の個人情報流出を確認したという。

流出した個人情報には、氏名、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、会社名などが含まれる。アロシステム関連では2935人分、エムヴィケー関連は420人分で、一部には口座情報も含まれていた。

流出した情報が不正利用されたといった報告は受けていないという。同社では、所管官庁へ事故を報告したほか、ヴィソースジャパンに同社内の調査を要請するなど対策を進めている。再発防止策については、事故の概要が確定次第公表するとしている。

(Security NEXT - 2007/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市