Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報のWinny流出は3355件と判明 - アロシステムら

アロシステムと子会社のエムヴィケーは、9月14日に発表した顧客情報の流出事故について、流出経路や流出した情報の詳細など調査状況を公表した。

今回の流出事故は、以前両社がコールセンター業務を委託していたヴィソースジャパンの元従業員が所有するパソコンがウイルスに感染し、パソコン内部に保存されていたデータがWinnyを通じてインターネット上に流出したもの。同社との委託契約は、すでに2007年1月の時点で解除しているという。

今回の事故では、ヴィソースジャパンにおけるほかの顧客情報も流出したと見られており、両社関連の個人情報を特定して調査が進められた。その結果、2003年6月から2005年4月までに両社を利用した顧客、取引先従業員、および両社従業員の個人情報流出を確認したという。

流出した個人情報には、氏名、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、会社名などが含まれる。アロシステム関連では2935人分、エムヴィケー関連は420人分で、一部には口座情報も含まれていた。

流出した情報が不正利用されたといった報告は受けていないという。同社では、所管官庁へ事故を報告したほか、ヴィソースジャパンに同社内の調査を要請するなど対策を進めている。再発防止策については、事故の概要が確定次第公表するとしている。

(Security NEXT - 2007/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増