Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ネットワーク検証カリキュラム」を日本電子専門学校とNTT-ATが共同開発

日本電子専門学校とNTTアドバンステクノロジは、学校教育向け「実践型ネットワーク検証カリキュラム」を共同で開発した。

同カリキュラムでは、IPv6やSIPなどNGNの基盤技術を実務型演習により修得するもの。ネットワークや関連機器の実践検証により、ネットワークレイヤの概念から機器の操作、ログの解析、原因の特定など身につける内容となっている。

日本電子専門学校では、ネットワークセキュリティ科の2年次後期の卒業研究課題としてすでに導入しており、来年度以降は、通常カリキュラムに組み込む予定。またNTT-ATでは、全国の専門学校やITスクールへの提供も開始している。

(Security NEXT - 2007/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生