Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神高速の一部ETCに不具合が発生し、明細表示に影響

阪神高速道路は、貝塚出口のETC機器に障害が発生し、ウェブ上で誤った明細が表示されるなど影響が出ていると発表した。

阪神高速4号の湾岸線貝塚(南行)出口のETC機器に9月16日午後8時ごろから19日午後7時まで不具合が発生したもの。ETC利用照会サービスやETCマイレージサービスなどにおいて、ウェブ上の明細が正しく表示されないなど影響が出ているという。

すでにETC機器の障害は復旧しており、同社では、本来の通行料金を請求するとしている。

阪神高速道路
http://www.hanshin-exp.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認