Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公共料金の収納票控え1773枚を紛失 - 埼玉県内のコンビニ

国分グローサーズチェーンは、コミュニティ・ストアさいたま新都心店において、公共料金収納票の店舗控えを紛失していたことが判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2007年5月16日から7月4日の間、同店舗において公共料金を支払った顧客の収納票控え1773枚。顧客の氏名のみ、あるいは氏名、住所、電話番号など個人情報が記載されているものが含まれる。

収納票控えは通常、3カ月間店舗内で保管した後、本部で廃棄処理されるが、所定の保管場所にないことが9月3日に判明。その後内部調査を行った結果、7月に事務所の整理を行った際、誤って廃棄された可能性が高いことがわかったという。公共料金の支払い手続きは、すでに完了しているという。

(Security NEXT - 2007/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー