Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公共料金の収納票控え1773枚を紛失 - 埼玉県内のコンビニ

国分グローサーズチェーンは、コミュニティ・ストアさいたま新都心店において、公共料金収納票の店舗控えを紛失していたことが判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2007年5月16日から7月4日の間、同店舗において公共料金を支払った顧客の収納票控え1773枚。顧客の氏名のみ、あるいは氏名、住所、電話番号など個人情報が記載されているものが含まれる。

収納票控えは通常、3カ月間店舗内で保管した後、本部で廃棄処理されるが、所定の保管場所にないことが9月3日に判明。その後内部調査を行った結果、7月に事務所の整理を行った際、誤って廃棄された可能性が高いことがわかったという。公共料金の支払い手続きは、すでに完了しているという。

(Security NEXT - 2007/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響