Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア隠蔽する「Win32/Obfuscated」が1位 - キヤノンSOLがマルウェアトップテン

キヤノンシステムソリューションズは、Esetがまとめた8月度のマルウェアランキングを発表した。

もっとも多く検出されたのは、コードを難読化し、セキュリティ対策製品からマルウェアを隠ぺいするソフトウェア群「Win32/Obfuscated」で7.58%を占めた。2位はバックドアを設けるなどマルウェアの総称「Agent」で、アニメーションカーソルの脆弱性を攻撃するトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Ani.gen」が続いた。

4位となった「Agent.ARK」は今回がはじめてランクインしたボット。シンガポールのサーバに接続し、コマンドの実行やマルウェアのダウンロードなど行う。また新機能の追加などアップデートを繰り返すことから定義ファイルによるウイルス検出を逃れる可能性があるとして同社では注意を促している。

1位:Win32/Obfuscated
2位:Win32/Agent
3位:Win32/TrojanDownloader.Ani.gen
4位:Win32/Agent.ARK
5位:Win32/Adware.Virtumonde
6位:Win32/Adware.Ezula
7位:INF/Autorun
8位:Win32/Rjump.A
9位:Win32/Agent.AB
10位:Win32/Pacex.gen

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業