Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア隠蔽する「Win32/Obfuscated」が1位 - キヤノンSOLがマルウェアトップテン

キヤノンシステムソリューションズは、Esetがまとめた8月度のマルウェアランキングを発表した。

もっとも多く検出されたのは、コードを難読化し、セキュリティ対策製品からマルウェアを隠ぺいするソフトウェア群「Win32/Obfuscated」で7.58%を占めた。2位はバックドアを設けるなどマルウェアの総称「Agent」で、アニメーションカーソルの脆弱性を攻撃するトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Ani.gen」が続いた。

4位となった「Agent.ARK」は今回がはじめてランクインしたボット。シンガポールのサーバに接続し、コマンドの実行やマルウェアのダウンロードなど行う。また新機能の追加などアップデートを繰り返すことから定義ファイルによるウイルス検出を逃れる可能性があるとして同社では注意を促している。

1位:Win32/Obfuscated
2位:Win32/Agent
3位:Win32/TrojanDownloader.Ani.gen
4位:Win32/Agent.ARK
5位:Win32/Adware.Virtumonde
6位:Win32/Adware.Ezula
7位:INF/Autorun
8位:Win32/Rjump.A
9位:Win32/Agent.AB
10位:Win32/Pacex.gen

(Security NEXT - 2007/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県